home

大学生の時に制作した卒業制作。

 

ここから私のスタイルがはじまった気がする作品です。

 

カタチを吹き硝子で制作しマスキングしたあと、サンドブラストで時間をかけて深く削っていくこの作業は、根気と時間がかかるものです。

 

派手でもなく、ひたすらマスキングと削る作業だけど出来上がったモノには

目の錯覚

光の屈折、

触れた時の感触...etc

 

色々な見え方があります。

 

このスタイルを大切に日々制作しています。

 

                                                                                         hirai mutsumi

 

 

 

 

 

 

※マスキング......ガラスに削る所とそのまま残す所をテープや液状のボンドのよう               

        なもので保護すること

 

※サンドブラスト......マスキングしたガラスを削る機械

          空気と砂を同時にノズルから噴射できガラスに当てることで    

          擦りガラス状にできる。